坂下リライフ外壁塗装サイト

東京都23区内の外壁塗装工事に関わる助成金をご紹介!(令和4年度)

東京都にお住まいの方で、家の外壁塗装をお考えの方は、
せっかくなら外壁塗装工事を行う際に助成金を活用してお得に行いたい。
助成金を活用したいけど、内容や申請方法などが詳しくわからないから不安。
そう思っている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

このページでは東京都23区内の外壁塗装工事に関わる助成金のご紹介をさせて頂きます。
区ごとに詳細ページも用意していますので是非外壁塗装工事をご検討の方は、ご自宅が所在する区に助成金があるか確認してみて下さい。

当社坂下リライフでは東京都23区内で助成金を活用した外壁塗装工事を承っておりますのでお気軽にご相談ください。
※一部の区では区内に所在する事業者のみ助成金を活用した工事が可能となる場合があります。

外壁塗装工事で助成金が活用できる東京都23区内一覧(令和4年度)

東京都23区内で外壁塗装工事に関わる助成金を用意している区を一覧で纏めています。
該当の区をクリックすると、詳細情報までジャンプしますのでそちらから詳細をご確認ください。

※助成金無しの区:荒川区・板橋区・江戸川区・中野区・練馬区・文京区

あ行足立区大田区
か行

葛飾区北区江東区

さ行

品川区、渋谷区新宿区杉並区墨田区世田谷区

た行台東区千代田区中央区豊島区
な行
は行
ま行港区、目黒区
や行
ら行
わ行

足立区の省エネリフォーム助成金

足立区が行う「省エネリフォーム補助金」は区内に住民登録があり、居住する自宅に対して遮熱塗料を使用した税抜5万円以上の塗装工事を行う事で、太陽経費の対象経費1/3、最大5万円の補助金が活用できます。

塗装工事であれば外壁・屋根ともに助成対象になります。

足立区内に所在する外壁塗装事業者の指定は無く、どの事業者でも工事を承ることが可能です。

足立区の助成金詳細ページもご用意しております。
遮熱塗料の説明も併せて記事内に設けていますので是非ご覧ください。

制度名省エネリフォーム助成金
補助金額対象経費1/3(上限5万円)
対象者
  • 申請者が足立区内に住民登録がある個人であること
  • 足立区内の自ら居住する既存の住宅に、近赤外線領域における日射反射率が50%以上の塗料で塗装すること
  • 補助対象経費が5万円(税抜き)以上であること
  • 申請者に住民税の滞納が無いこと等
対象工事
  • 遮熱塗装
  • 断熱材の設置
  • 内窓の新設
  • 断熱ガラス・窓への交換 等 等
申請期限令和4年4月11日から令和5年1月31日まで
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先環境政策課 管理係
東京都足立区中央本町一丁目17-1 区役所南館11階
TEL:03-3880-5935

大田区の住宅リフォーム助成事業

大田区が行う「住宅リフォーム助成事業」は工事を行う個人住宅の所有者や集合住宅の管理組合の理事長の場合などに限り、税抜10万円以上のリフォームをした場合、助成対象額の10%(上限20万円)の助成を受けることが出来ます。

住宅リフォーム助成事業は幅広い工事が対象になりますが、外壁塗装は「住まいの長寿命化工事」の枠に該当しますので、外壁塗装工事でも助成金を活用する事が可能です。

注意点としては大田区に所在する事業者のみ工事を請け負いが可能です。

制度名住宅リフォーム助成事業
補助金額助成対象額の10%(上限20万円)
対象者
  • 工事を行う個人住宅の所有者
  • 集合住宅の管理組合の理事長(共用部分の吹付アスベスト除去工事の場合み)
  • 工事を行う個人住宅の賃貸借人(注釈1)(バリアフリー化のための工事の場合のみ)
    (注釈1)書面により賃貸借契約を締結し家賃の支払いがあり、所有者の承諾を得ていること。
対象工事

バリアフリー化、環境への配慮、
防犯・防災対策、住まいの長寿化
に該当する助成対象工事

申請期限

工事完了期限
令和5年2月28日(火曜日)まで

本申請受付期間
令和5年3月31日(金曜日)まで
工事完了後1か月以内に助成申請(本申請)の手続きが必要となります。

申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先建築調整課 住宅担当
東京都大田区蒲田五丁目13-14
TEL:03-5744-1343

葛飾区のかつしかエコ助成金

葛飾区が行う「かつしかエコ助成金」は区民が所有する個人住宅を対象に遮熱塗料等断熱改修リフォームを行う事で助成金が活用できます。

助成金額は①高反射率塗装・➁窓における遮熱塗装等・③断熱改修の工事で①➁③の合計費用の「25%」もしくは「塗装面積(㎡)× 1,000円」のうち小さい額(上限20万円)が助成されます。

上限20万円は東京都内の塗装工事に助成される金額の中でも高い方で、葛飾区にお住いの方はぜひ活用して塗装工事を行いたいところです。

区外の塗装時御者でも工事可能の為、当社坂下リライフでも助成金を活用して工事を承ることが可能です。

制度名かつしかエコ助成金
補助金額

①高反射率塗装(屋根・屋上・壁等)
→助成対象経費の1/4又は施工面積(㎡)×1,000円(助成単価)のいずれか小さい額

②窓における遮熱塗装等
→助成対象経費の1/4又は施工面積(㎡)×3,000円(助成単価)のいずれか小さい額

③断熱改修(外壁、屋根・屋上、天井、床、窓)
→助成対象経費の1/4

上限(①〜③合わせて)20万円

対象者
  • 区民が所有・現居している個人住宅の工事であること
  • 塗装の場合、日射反射率50%以上の塗料等を使うこと
  • 築1年以上を経過した建物であること
  • 申請者に住民税の滞納が無いこと 等
対象工事
  • 太陽光発電システム
  • 家庭用燃料電池(エネファーム)
  • 蓄電池
  • ホームエネルギーマネジメントシステム
  • 遮熱塗装等断熱改修
  • LED照明機器
申請期限令和4年4⽉1⽇〜令和5年3⽉31⽇
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先環境課 環境計画係
東京都葛飾区立石5丁目13-1
TEL:03-5654-8228

北区の住まい改修支援事業

北区で外壁塗装工事する際、「住まい改修支援事業」、「新エネルギー及び省エネルギー機器導入助成制度」の二種類の助成金制度を利用できます。

「住まい改修支援事業」は外壁改修、基礎部分破損改修や防水工事等が補助対象で、「新エネルギー及び省エネルギー機器導入助成制度」は太陽光発電システム導入、高反射塗装(屋根・外壁)など再生可能エネルギー工事に対し工事費が助成されます。

住まい改修支援事業の助成金額は工事費用の20%(限度額:10万円)で、
新エネルギー及び省エネルギー機器導入助成制度は助成対象費用50%(区外業者による施工・上限10万円)、60%(区内業者による施工・上限12万円)となります。

制度名住まい改修支援事業
補助金額10万円以上の改修工事について、
工事費用の20%(上限10万円)
対象者
  • 改修工事着工以前に工事対象住宅を所有及び居住し、かつ、居住地に住民登録がある者
  • 改修工事対象住宅に居住する全員が住民税を滞納していない者 等
対象工事

他制度で助成されない、住宅の長寿命化・定住化に資する工事

申請期限令和4年度新規受付終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先住宅課 住宅計画係
東京都北区王子本町1-2-11 北区役所第二庁舎3階9番
TEL:03-3908-9201
制度名新エネルギー及び省エネルギー機器導入助成制度
補助金額区外業者施工の場合10万円、
区内業者による施工の場合12万円
対象者
  • 個人住民税又は法人住民税を滞納していないこと。
  • 同一年度内にこの助成制度に基づく同じ種類の助成を受けていないこと。等
対象工事

高反射率塗装(屋根・屋上・外壁)実証対象技術一覧の高反射率塗料使用

申請期限令和5年2月28日(火曜日)
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先

所属課室:生活環境部環境課環境政策係
東京都北区王子1-12-4 TIC王子ビル2階
電話番号:03-3908-8603

江東区の地球温暖化防止設備 導入助成制度

江東区は区内在住の方を対象に太陽光発電や省エネルギー設備を設置する場合、工事費用の一部を助成する「地球温暖化防止設備導入助成」という制度があります。

居住の用に供する建物の屋根及び屋上及びベランダ(太陽光熱が反射する部分に限る。)に係る高反射率塗装の被膜工事に対して助成金が出ます。

地球温暖化防止設備導入助成制度の助成金額は施工面積1㎡×1,000円(小数点3位以下切り捨て)(限度額:20万円)。となります。

注意点としては外壁の塗装工事では助成金対象とならず、屋根塗装のみが対象となります。

制度名地球温暖化防止設備導入助成制度
補助金額施工面積1㎡×1,000円(小数点3位以下切り捨て)
(上限20万円)
対象者

区内に住宅(店舗、事業所等を併用する住宅及び賃貸住宅を含む。)を所有する個人又は区内に住宅を取得しようとする個人

対象工事

高反射率塗装

申請期限令和5年3月15日(水曜日)
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先温暖化対策課 環境調整係
東京都江東区東陽4-11-28 防災センター6階5番
TEL:03-3647-6124

品川区の住宅改善工事助成事業

制度名省エネリフォーム助成金
補助金額対象経費1/3(上限5万円)
対象者
  • 申請者が足立区内に住民登録がある個人であること
  • 足立区内の自ら居住する既存の住宅に、近赤外線領域における日射反射率が50%以上の塗料で塗装すること
  • 補助対象経費が5万円(税抜き)以上であること
  • 申請者に住民税の滞納が無いこと等
対象工事
  • 遮熱塗装
  • 断熱材の設置
  • 内窓の新設
  • 断熱ガラス・窓への交換 等 等
申請期限令和4年4月11日から令和5年1月31日まで
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先環境政策課 管理係
東京都足立区中央本町一丁目17-1 区役所南館11階
TEL:03-3880-5935

渋谷区の住宅簡易改修工事費助成

渋谷区外壁塗装補助金とは正式名称「住宅簡易改修支援事業」と言い、渋谷区が区内で協定を結んでいる施工業者による外壁塗装・内装工事・外構工事などの改修工事に対し工事費の一部を助成する制度です。
助成金対象工事は消費税を除く5万円以上の工事となります。

東京都内で外壁塗装工事に使える補助金は諸条件が多く手続きも複雑ですが、渋谷区では外壁改修工事(外壁塗装工事)であれば材料の指定などもなく助成金が受け取りやすいため、積極的に活用してみましょう。

住宅簡易改修支援事業の助成金額は工事費×20%(千円未満切り捨て)、上限10万円となります。

注意点としては、
・渋谷区と協定を結んでいる施工業者との契約(施工業者の指定はできない)
・助成金は申請者ではなく区協定業者へ支払われる
・外壁塗装工事総額費用から助成金を除く金額を区協定業者へ支払う
事となります。

制度名住宅簡易改修支援事業
補助金額消費税を除く、
工事費用の20パーセント(千円未満は切り捨て)
上限10万円
対象者
  • 区内にある個人住宅(渋谷区在住)
  • 消費税を除く工事費用が5万円以上
  • 区内の他助成対象で承認された工事箇所以外
  • 屋根・外壁の改修及び模様替え(外壁塗装も該当)
対象工事

住宅の簡易改修工事
屋根・外壁・ベランダなどの塗装や修理工事等

申請期限令和5年1月末まで
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先住宅政策課 住環境整備係
東京都渋谷区宇田川町1-1
TEL:03-3463-3548

新宿区の個人住宅用新エネルギー 省エネルギー機器導入助成制度

新宿区では地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減に向けた屋根塗装にも使える補助金制度があります。

新宿区で屋根塗装に使える補助金は「新エネルギー及び省エネルギー機器導入補助金制度」と言い、屋根塗装に高反射率塗料を使用することで最大20万円までの補助金を受け取ることができます。

「新エネルギー及び省エネルギー機器導入補助金制度」の塗装工事対象範囲は屋根・屋上となりますのでご注意ください。

区外の塗装時御者でも工事可能の為、当社坂下リライフでも助成金を活用して工事を承ることが可能です。

制度名新エネルギー及び省エネルギー機器導入補助金制度
補助金額施工面積1m2当たり
2,000円
上限20万円
対象者
  • 個人住宅(新宿区在住)
  • 施工前の申請
  • 高反射率塗装:国内第三者機関における日射反射率50%以上、又は同等
  • 屋根・屋上部分の施工が対象
対象工事

高反射率塗装(屋根又は屋上)
次の条件を全て満たすもの
[1] JIS K5675(屋根用高日射反射率塗料)適合品又は日射反射率(近赤外線領域)50%以上を有する塗料を用いていること
[2] 居室上の屋根、屋上部分について施工すること(屋根立ち上がり部分を含む)

申請期限令和4年4月11日(月) ~ 令和5年2月10日(金)
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先新宿区環境清掃部-環境対策課
〒160-8484 東京都新宿区歌舞伎町1-4-1
TEL 03-5273-3763

杉並区のエコ住宅促進助成

杉並区外壁塗装に利用できる補助金は「エコ住宅促進助成」と言い、杉並区再生可能エネルギー等の導入助成及び断熱改修等省エネルギー対策導入助成が正式名称になります。

これまで外壁塗装工事に関しての助成は対象外でしたが、令和4年度より「高日射反射率塗装」を行う外壁・屋根に対象が拡充されました。

助成金額は屋根・外壁塗装合わせ15万円が助成されます。

区外の塗装時御者でも工事可能の為、当社坂下リライフでも助成金を活用して工事を承ることが可能です。

制度名エコ住宅促進助成
補助金額外壁・屋根塗装含めて15万円
対象者

㋐杉並区内建物に対象機器等を導入する杉並区民の方
・杉並区外に居住で完了報告までに杉並区民になる方
・賃貸住宅を所有する方を含む
㋑杉並区内に所有する店舗や事業所に対象機器等を導入する杉並区内中小企業者(法人、個人事業主)
・ただし申請時、代表者が杉並区内に居住している場合に限る
㋒杉並区内建物の共同住宅(分譲)の共有部分に対象機器等を導入する区内管理組合または管理者
㋓杉並区内に所有する建物に、対象機器等を導入する医療法人、社会福祉法人、学校法人
㋔杉並区内に所有する建物に、対象機器等を導入する町会、自治会、商店街組合等

対象工事

高日射反射率塗装は屋根及び外壁塗装
国内の第三者機関における日射反射率測定値が近赤外線領域において50%以上の未使用の塗料、
またはそれに準じた性能を持つと区長が認める塗料で、既存建物に施工する場合

申請期限令和4年4月8日(金)~ 令和5年 2月27日(月)
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先環境課 環境活動推進係
東京都杉並区阿佐谷南1丁目15-1 西棟7階
TEL:03-3312-2111

墨田区の地球温暖化防止設備 導入助成制度

隅田区の地球温暖化防止設備導入助成制度は、遮熱塗料を使用した外壁塗装・屋根塗装工事においてその費用の一部を助成されます。

助成対象となる工事は1つの建物に対し1回のみ助成してくれます。

助成金額は工事費用の10%(上限15万円)となります。

区外の塗装時御者でも工事可能の為、当社坂下リライフでも助成金を活用して工事を承ることが可能です。

制度名地球温暖化防止設備導入助成制度
補助金額工事費用の 10%(上限:戸建・事業所:15 万円)
対象者区内にある建物の所有者(個人、管理組合、中小企業者、法人)等。
 住民税を滞納していないこと。
設置する住宅の販売を目的としていないこと。
対象工事

熱交換塗料または日射反射率(全波長領域)が50%以上((一財)日本塗料検査協会またはこれに準ずると認められる第三者機関の証明が必要)の高反射率塗料を使用すること。
塔屋及び階下に居住空間があるベランダを含む屋根面全体または屋根及び壁全面を塗装すること。

申請期限令和5年2月28日まで
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先

環境保全課 環境管理担当

東京都墨田区吾妻橋1-23-20
TEL:03-5608-6207

世田谷区の環境配慮型住宅リノベーション 推進事業補助金

世田谷区で外壁塗装に使える補助金は「環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金」と言い、屋根塗装に指定の塗料を使用することで外壁塗装と合わせ最大20万円までの補助金を受け取ることができます。

ただし施工業者は世田谷区に本支店のある業者に依頼する指定があり、弊社坂下リライフでは世田谷区の補助金を使用した工事はお受けできません。

環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金の助成は外壁や窓等の断熱改修や太陽光発電システムの設置、屋根の高反射率塗料を用いた工事で、外壁塗装に関しては屋根高反射塗料による塗装併用が条件となります。

制度名環境配慮型住宅リノベーション推進事業
補助金額工事費用の10%
足場費用OK(上限20万円)
対象者世田谷区に住民登録があること。
世田谷区内に店舗、営業所などを置く施工業者(個人事業者を含む)と契約し、施工すること。
建築基準法令に適合している建物であること。 等
対象工事

外壁等の断熱改修工事
屋根の断熱改修工事
(高反射率塗装)

申請期限令和4年4月1日(金曜日)から令和5年1月31日(火曜日)まで
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先

世田谷区環境政策部環境・エネルギー施策推進課

〒158-0094 世田谷区玉川1-20-1 二子玉川分庁舎 B棟3階 B35窓口

電話:03-6432-7133

台東区の省エネ・創エネアクション支援制度

台東区外壁塗装補助金は「我が家の省エネ・創エネ制度」にて高反射塗料を使用した戸建住宅において適用され、助成金額は工事費用の20%、最大15万円まで助成されます。

助成の目的は再生エネルギー設備での省エネや太陽光発電システム導入等によるエネルギーを創出する創エネを支援することです。
高反射塗料による外壁塗装工事は「省エネ」に該当するため、助成金を受けることが可能になります。

区外の塗装時御者でも工事可能の為、当社坂下リライフでも助成金を活用して工事を承ることが可能です。

制度名我が家の 省エネ・創エネアクション支援制度
補助金額工事費用×20%(税抜) 上限15万円
対象者

区内の建物に対象となる塗料を塗布をする個人、法人または集合住宅の管理組合等

対象工事
  • 高反射率塗料施工
    (戸建住宅用・共同住宅共用部用)
  • 窓・外壁等の遮熱・断熱改修
申請期限2022/4/1~予算枠終了まで
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先環境課 普及啓発担当
東京都台東区東上野4丁目5-6
TEL:03-5246-1281

千代田区のヒートアイランド対策助成

千代田区外壁塗装補助金は「ヒートアイランド対策助成」にて高反射塗料を使用した戸建住宅において適用され、屋根塗装に指定材料を使用することで上限30万円まで工事費用の一部を助成してもらえます。

千代田区外壁塗装補助金とは区内でのヒートアイランド現象を緩和する外壁緑化や高反射率塗料での屋根塗装、屋上緑化工事などに対し工事費の一部を助成する制度です。

区外の塗装時御者でも工事可能の為、当社坂下リライフでも助成金を活用して工事を承ることが可能です。

制度名ヒートアイランド対策助成
補助金額助成対象経費の50%または塗布面積×2,000円/平方メートルのいずれか低い額(上限30万円)
対象者

●千代田区内の建物
●施工業者が行う工事
●地方公共団体等の類似助成をすでに受けていない
●同年に同一建物で該当の助成を受けていない
●高反射率塗装:国内第三者機関における日射反射率50%以上、又は同等

対象工事

屋根を含む外壁塗装工事

申請期限令和5年2月15日(水曜日)
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先

環境まちづくり部環境政策課エネルギー対策係
〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1
電話番号:03-5211-4256
ファクス:03-3264-8956
メールアドレス:kankyouseisaku@city.chiyoda.lg.jp

中央区の住宅・共同住宅用自然エネルギー・省エネルギー機器等導入費助成

中央区外壁塗装助成制度の「自然・省エネルギー機器等導入助成」は屋根塗装に特定の塗料を使用することで最大20万円までの助成金を受け取ることができます。

太陽光発電システムや蓄電池システムなどの機器導入費用の助成の他、一般住宅の屋根塗装工事は特定条件を満たす「高反射率塗料」を使用することで上限20万円までの助成金を受け取ることができます。

区外の塗装時御者でも工事可能の為、当社坂下リライフでも助成金を活用して工事を承ることが可能です。

制度名自然・省エネルギー機器等導入助成
補助金額導入費用の40% / 上限20万円
対象者
  • 個人住宅(中央区在住)
  • 高反射率塗装:国内第三者機関における日射反射率50%以上、又は同等
  • 屋根・屋上の高反射率塗装
対象工事

高反射率塗料等(屋上・屋根用高反射塗料、窓用日射調整フィルム、窓用コーディング材)

申請期限(拡充)令和4年10月1日から令和6年3月31日まで
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先環境課ゼロカーボン推進係
電話:03-3546-5628
ファクス:03-3546-9550

豊島区の住宅修繕リフォーム助成金

豊島区では所得の減少により外壁・屋根塗装のメンテナンスやリフォーム工事費用の捻出に支障が出てしまっている方を対象に修繕費用は10万円、リフォーム工事については20万円を上限に工事費用の一部を助成してくれる制度「住宅修繕リフォーム助成金」の申請を受けつけています。

工事施工業者が豊島区住宅相談連絡会の会員であり、修繕工事を行う区内に主たる事務所を有する民間業者という指定条件がある為、弊社坂下リライフでは工事をお受けできません。

豊島区外壁塗装補助金「住宅修繕リフォーム助成金」は経済状況により外壁・屋根塗装のメンテナンスを諦めてしまっている区民に対する補助金ですので、現在、外壁・屋根塗装工事費用の捻出で悩んでいるのであれば、積極的に活用することをおススメします。

制度名住宅修繕リフォーム助成金
補助金額屋根・外壁塗装工事費用×30%以内(上限20万円)
対象者
  1. 豊島区内に引き続き2年以上居住していること
  2. 前年の世帯の月額所得が、公営住宅法施行令第1条第3号に規定する収入の例により算出した額が、158,000円(条件により214,000円)以下であること
  3. 対象住宅の所有権を有している者または同居親族であること
  4. 住民税を滞納していない世帯であること
  5. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団員でないこと
対象工事

所得が少ないために、お住まいの住宅の修繕工事やリフォーム工事をすることに支障が生じてしまっている方を対象に、修繕工事は10万円、リフォーム工事は20万円を上限に、工事に要した経費が助成されます。
家屋及び付属設備が対象で、倉庫、車庫、店舗、外構等は除きます。

申請期限助成金交付請求の受付の先着順とし、予算の範囲を超えた日をもって受付を終了。
申請タイミング事前相談を行う
お問い合わせ先

マンション担当課マンショングループ

電話番号:03-3981-1385

港区の高反射率補助

制度名省エネリフォーム助成金
補助金額対象経費1/3(上限5万円)
対象者
  • 申請者が足立区内に住民登録がある個人であること
  • 足立区内の自ら居住する既存の住宅に、近赤外線領域における日射反射率が50%以上の塗料で塗装すること
  • 補助対象経費が5万円(税抜き)以上であること
  • 申請者に住民税の滞納が無いこと等
対象工事
  • 遮熱塗装
  • 断熱材の設置
  • 内窓の新設
  • 断熱ガラス・窓への交換 等 等
申請期限令和4年4月11日から令和5年1月31日まで
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先環境政策課 管理係
東京都足立区中央本町一丁目17-1 区役所南館11階
TEL:03-3880-5935

目黒区の住宅修繕リフォーム助成金

制度名省エネリフォーム助成金
補助金額対象経費1/3(上限5万円)
対象者
  • 申請者が足立区内に住民登録がある個人であること
  • 足立区内の自ら居住する既存の住宅に、近赤外線領域における日射反射率が50%以上の塗料で塗装すること
  • 補助対象経費が5万円(税抜き)以上であること
  • 申請者に住民税の滞納が無いこと等
対象工事
  • 遮熱塗装
  • 断熱材の設置
  • 内窓の新設
  • 断熱ガラス・窓への交換 等 等
申請期限令和4年4月11日から令和5年1月31日まで
予算に達した時点で終了
申請タイミング工事着工前
お問い合わせ先環境政策課 管理係
東京都足立区中央本町一丁目17-1 区役所南館11階
TEL:03-3880-5935

東京都の各市区町村が用意する助成金を受け取る条件

Coming soon

まとめ

東京都の外壁塗装・屋根塗装工事に対して助成金が用意されている区と助成金の概要を説明してきました。
外壁塗装・屋根塗装工事は家の美観や保護機能、遮熱などの機能向上には必須の工事です。

塗料によっては10年に1度の工事が推奨されており、工事金額も決して安くはない為、ご自宅が所在する自治体で助成金がある場合は、
助成金を使って工事を行う事をおすすめいたします。

坂下リライフは複雑な助成金申請を無償でサポートさせて頂いております。
助成金の申請には弊社とお客様との連携が非常に大切です。

不安な事、わからないことがあればまずは坂下リライフまでお問い合わせ下さい。

現地調査・お見積もり作成も無料で対応しております。