坂下リライフ外壁塗装サイト

東京都文京区大塚N様邸、外壁塗装・ベランダ防水工事の施工完了。

施工後の写真

bunkyouku_n
エリア

文京区大塚

塗料

ダイナミックトップ(外壁・塀)
ダイナロック(雨樋・鉄部)

工期

4週間

大・工事概要

1.外壁塗装工事
2.ベランダ防水工事

少・中・工事概要

1.外壁塗装工事
2.塀塗装工事
3.雨樋・鉄部塗装工事
4.ベランダ防水工事

道路占用許可

なし

道路使用許可

なし

警備員

なし

電線防護管

なし

伊山 高司

1級施工管理技士補
スタッフコメント

スタッフコメント

当現場のN様は、新築時に旭化成様で建築された外壁がALCという種類の住宅の外装リフォーム工事でした。

N様は弊社が取り組んでいる地域の慈善事業活動など、弊社のHP(ホームページ)をご覧下さり、その活動や弊社の施工実績を信頼して下さってのご依頼となりました。

また、坂下リライフという社名の由来にもなっている、N様のお宅は東京都文京区大塚坂下通りに位置し、同じく東京都文京区大塚坂下通りに位置するT様と同時期の施工となりました。

そして、外装リフォーム工事の内容としては外壁(ALC)シーリング工事・外壁(ALC)塗装工事・門塀(モルタル)塗装工事・シャッターBOX・雨樋・配管の付帯物塗装工事・ベランダ防水工事となりました。また、雨漏りもしていたので、外壁(ALC)シーリング工事と合わせて止水補修シーリング工事や少数の玄関タイル工事も行いました。

外壁(ALC)シーリング工事はオートンイクシードを使用し、外壁(ALC)塗装工事・門塀(モルタル)塗装工事は、関西ペイントのアレスダイナミックトップを使用し、シャッターBOX・雨樋・配管の付帯物塗装工事はロックペイントのダイナロックを使用し、ベランダ防水はサラセーヌシリーズを使用しました。

N様のお宅におかれましては、旭化成様のハウスメーカー様という事もあり、外壁(ALC)シーリング工事・外壁(ALC)塗装工事をと複数ご提案させていただきましたが、Aパターン・Bパターンのお見積もり共に外壁シーリング工事は一定基準として、全て高耐久のオートンイクシードご提案させていただき、Aパターン・Bパターンのお見積もりの違いは外壁塗装に使用する塗料のグレードだけの違いでした。(その中で、結果的にBパターンのお見積もり内容でのご契約となり、関西ペイントダイナミックトップを使用した外壁塗装工事となりました。)

この理由としては、旭化成様のお宅を旭化成様で外装リフォーム工事を行う場合は、外壁(ALC)シーリング工事を全て撤去して新規打ち替えをするため、外壁シーリング工事には旭化成様の独自のこだわりとポリシーがあるため、弊社もそれに合わせて、高耐久のオートンイクシードで、外壁(ALC)シーリング工事を行わせていただきました。今回のこの外壁(ALC)シーリング工事の事例のように重要な工事のポイントだけを押さえていれば、あとは外壁塗装工事に使用する塗料はご予算に合わせてお決めいただけるため、工事の質を落とさずにお客様にとって1番良い形でご契約から施工を行えるという事は、逆に弊社のこだわりとポリシーでもあります。

そして、足場解体前に再度雨漏りの調査を行い、雨漏りが止まった事を確認し、足場解体後に玄関タイル工事を行い無事に工事が完了になりました。

N様からは『今回の外装リフォーム工事の仕上がりにも満足していて、これからも地元の業者として信頼しているので、外装リフォーム工事だけではなく、内装リフォーム工事が必要になった時など、またお世話になると思います。』という有り難いお言葉をいただきました。

今後も定期点検などを行わせていただきながら、長期的な視点で住宅を守っていきたいと思います。