坂下リライフ外壁塗装サイト

文京区本駒込H様邸、外壁塗装・タイル・遮熱工事 施工しました。

BEFORE

エリア

文京区本駒込

塗料

・ナノコンポジットW
・アレススーパーホルダーG
・ファイングラシーsi
・ハイパーユメロック
・キルコ

工期

2週間

大・工事概要

1.外壁塗装工事
2.外壁タイル塗装工事
3.大屋遮熱塗装工事

少・中・工事概要

1.外壁クラック補修工事
2.外壁塗装工事
3.雨樋・水切り・軒天塗装工事
4.タイル塗装工事
5.大屋根遮熱塗装工事
6.網戸張り替え工事

道路占用許可

なし

道路使用許可

なし

警備員

なし

電線防護管

なし

伊山 高司

1級施工管理技士補
スタッフコメント

お客様から明るく汚れが付きずらい塗料外壁塗装を行いたい。また、外壁塗装を行うのであれば、屋根塗装も合わせて行いたい。
夏に室内が暑いので、出来れば屋根は遮熱塗装をして暑さ対策をしたいというご要望があった中で、工事がスタートしました。

外壁塗装はで弊社イチオシ塗料の水谷ペイントの超低汚染型塗料、ナノコンポジットWで、オレンジ系の色で明いイメージに。
屋根遮熱塗装はこちらも弊社イチオシの新マテリアルワンの遮熱塗料キルコで塗装を行いました。

現代の外壁・屋根塗装は、日々塗料メーカーが研究を重ねながら、競い合い切磋琢磨し、次々に新しい塗料が開発され、ただ、ペンキを外壁と屋根に塗装する。
といった概念ではなく、高品質や長持ちは当たり前となっており、プラスαとして、複数の高機能を兼ね備えた塗料が主流になっています。

例えば、水谷ペイントのナノコンポジットWのように、外壁に低汚染でカビや汚れが付きずらく、臭いも少なく環境に優しいという特性があったり、新マテリアルワンのキルコのように、弾力性と遮熱性能を持ち合わせた塗料であったりとその効果は多岐に渡っています。
ですから、今回の水谷ペイントのナノコンポジットWで外壁を塗装して、屋根は新マテリアルワンのキルコで塗装するという組み合わせは施工棟数も多く非常に人気の組み合わせです。

また、今回の施工では、完了点検の際に実際にお客様に外壁・屋根共に目視で確認をいただき、工事が完了しました。
弊社は完了後に必ず施工写真をお客様にお渡ししていますので、工事の流れを必ず施工後にご確認いただけるようになっていますので、その点では多くのお客様に分かりやすい。安心しました。といったようなお言葉をいただいておりますが、今回のように実際目視にてお客様とご一緒させていただきながら、施工現場を1周、2周と回らせていただきながら、作業を見ていただきますと、より深くご納得・ご安心いただけるケースが多いのも事実です。
百聞は一見にしかず。という言葉があるようにお客様のご協力のもと、実際に目視にて、施工を見ていただきながら、お客様と私たち施工業者双方で、現場を完了させていただける事は大変意味のある事だと思っています。

また、工事中に網戸張り替え工事などもご依頼をいただき、外壁・屋根共に綺麗になり、気になっていた網戸も新しく綺麗になり夏場に向けて、良い準備が出来きました。との喜びの声をいただきました。
ご依頼、ご契約はいただいたメインの外壁・屋根塗装工事でご満足いただけるように努めることは当然の事なのですが、それと並行して、今回の網戸工事のように、お客様の日々の暮らしの中でのお困り事、お悩み事を解決し、お役に立てることも弊社の大きな喜びの一つです。