坂下リライフ外壁塗装サイト

東京都豊島区南大塚K様邸、大屋根上葺き工事・外壁塗装工事の施工完了。

施工数年後・点検時画像

toshimaku_k
エリア

豊島区南大塚

塗料

ガイナ(外壁)
サラセーヌシリーズ(ベランダ)

工期

3週間

大・工事概要

1.大屋根上葺き工事
2.外壁塗装工事
3.ベランダ防水工事

少・中・工事概要

1.外壁クラック補修工事
2.外壁塗装工事
3.雨樋・水切りトタン・鉄部塗装工事
4.ベランダ防水工事

道路占用許可

なし

道路使用許可

なし

警備員

なし

電線防護管

なし

概算工事金額事例

表示価格は税抜き
工事金額総額

200万円~250万円

※外壁・大屋根の材質、シーリングの有無、 建物の劣化状況により金額は異なります。
外壁塗装工事

100万円~150万円
150 ㎡~200 ㎡

大屋根上葺き工事

50万円~80万円
30 ㎡~35 ㎡

火災保険・補助金活用

あり

伊山 高司

1級施工管理技士補
スタッフコメント

ご契約時のエピソードと3年目点検時の感想

当現場は、東京都豊島区南大塚のK様のお宅の施工でした。

K様のお宅は、台風による被害で、大屋根のスレート瓦が破損し、地上に落下すると危険な状態であったため、たまたま、K様のご近隣で工事を行っていた、弊社が、破損したスレート瓦を大屋根から地上に下ろすお手伝いをさせていただいた事や、その同時期にK様が、新しい大きめの家電をご購入するにあたり、旧家電を3F部分から荷下ろしを行わなければならず、旧家電を室内から外に搬出するためにサッシの取り外しなどもお手伝いさせていただいた事もご縁となりました。

さらに、K様のお宅の大屋根の被害は、大屋根の面積の半数以上のスレート瓦が破損している状態であったため、スレート瓦を差し替えるといった部分的な補修が困難であると判断し、K様がご加入している火災保険を使用して大屋根上葺き(カバー工法)が必要であるというアドバイスをさせていただき、弊社で、火災保険申請のお手伝いもさせていただきました。

また、K様の住宅においては、大屋根だけでなく、外壁についても経年的な劣化により、正面玄関の真裏側の外壁に著しいクラックが見られたため、火災保険の申請が受理された後、外壁塗装工事も必要ではないかというご相談をK様から受けました。そもそも、大屋根上葺き(カバー工法を)工事を行うにあたり、当然、足場組み工事が必要でしたので、合わせて外壁塗装工事やベランダ防水工事もご提案させていただき、ご納得していただいた後、外壁塗装工事・大屋根上葺き(カバー工法)工事・ベランダ防水工事が開始になりました。

そして、このK様のお宅においての外壁塗装工事は、正面玄関の真裏側の外壁の著しいクラックを抑制するために、下塗りには微弾性フィーラーを使用し、マスチックローラー工法(塗料の塗布量が増えるローラー)で、さらに上塗り(2回塗り)には遮熱・断熱塗料の日進産業のガイナを使用し、大屋根上葺き工法は、IG工業のガルテクトフッ素を使用し、ベランダ防水工事はAGCポリマーのサラセーヌシリーズで、特に外壁・屋根共に遮熱・断熱効果をさらに高めて仕様で、施工を行わせていただきました。

また、正面の外壁が2色となっていたため、K様とカラーバリエーションの打ち合わせも重ね、外壁塗装工事の2色のカラーバリエーションにも大変こだわった事もK様のお宅においての外装リフォーム工事のポイントとなりました。

工事完了後、K様からは、『外壁塗装工事の2色のカラーバリエーションも気に入っていて、大屋根の破損したスレート瓦の荷下ろしやサッシの取り外し作業をフットワーク良くお手伝いいただき助かりました。』という有り難いお言葉をいただきました。

現在2021年春の時点で、約3年の月日が経過し、今回、3年目の点検となりましたが、特に外壁・大屋根・ベランダ防水共に、施工完了時とほぼ変化のない状態といえ、とても良好な状況でした。今後の4年目の点検以降も長期的な視点で住宅を守っていきたいと思います。