東京都文京区の外壁塗装・屋根塗装の坂下リライフです。

施工実績を更新致しましたのお知らせ致します。
↓↓ ※坂下リライフの外壁塗装専用サイト

以下、弊社スタッフからのコメントです。(以下抜粋)

お客様からは外壁は艶のない外観で2⾊に分けて、美観を保ちながら、塗装⼯事をしたい。

また、⼤屋根は既存のスレート⽡の破損や⽋損が著しかったため、塗装⼯事ではなく、ガルバリウム鋼板を使⽤し、⼤屋根上葺きカバー⼯法で、既存の⼤屋根の上に新しい⼤屋根を設置しました。

⼤屋根のスレート⽡の製品⾃体に破損や⽋損が著しい場合は、破損や⽋損を複数箇所補修をし、塗装⼯事を⾏うことになるため、これを洋服で例えると、⽳が空いたり、ほつれてしまった洋服の⽣地を縫い直して、再使⽤するような形になります。

その際、洋服の⽣地の縫い直す箇所があまりにも多いのであれば、縫い直して再使⽤するのではなく、新しい服に買い替えてしまった⽅が良いという判断になるのはイメージがつきやすいと思います。